<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

廃校

b0130970_12254640.jpg


少子化と情報化の影響で、日本各地の歯科技工士養成校(歯科技工士専門学校)は、定員割れが続いているところも多い。
ボクの母校は毎年10回入学試験をしてるが、それでも定員割れである。
ちなみにボクが入学した23年前は、4次募集まであったけど(ボクは3次募集を受けた)、100人の以上は入学してた。

昨年、レクチャーをさせていただいた学校も3月で廃校。
教員は、強制退職させられたそうだ。

教育っていうのは非常に大切で神聖な仕事なのに、その現場が年々少なくなっているのは残念なことだ・・・。
by taskcare | 2011-04-30 12:35 | 歯科技工

自転車通勤

b0130970_10241335.jpg


冬のあいだは寒くて「徒歩通勤」だったんだけど、やっと朝夕が若干暖かくなってきたので先週の金曜日から「自転車通勤」復活である。

徒歩だと8分くらいかかるんだけど、自転車だったら3分で行ける。
でも、まだまだ寒いのである・・・。

はやく暖かくなってほしいものだ。
by taskcare | 2011-04-27 10:28 | ビクトリア生活

ズワイガニ

b0130970_10431879.jpg


ウォルマートで、「ズワイガニ」約1kgが$20で売っている。

冷凍モノなんだけど、けっこう美味い。
以前、スーパーストアで買ったのはスカスカしてたけど、これはけっこうプリプリしてた。

2人であっという間に食べてしまった・・・・。
by taskcare | 2011-04-26 10:48 | ビクトリア生活

巨大土筆

b0130970_13123631.jpg


家の近所に「巨大土筆」が群生している・・・。

見てよ(↑)、この大きさ。
ボクの手の大きさと比較しても分かるように、大きいのは30cm以上・・・。

昨年は、「土筆の玉子とじ」を作って食べたけど、これを調理したらどんな味なんだろう?
やっぱり大味なのかな?
by taskcare | 2011-04-23 13:16 | ビクトリア生活

生徒数

b0130970_9524720.jpg


少子化です。

ボクが卒業した高校は、今年の新入生が239人。
25年前にボクが入学した当時は460人で10クラス。
よって、1クラス46人!
ボクの高校は、男女ミックスで学番が付いたので、「よこた」だからいつも40番台で最後の方。
半分なんですねぇ・・・・。
余った教室はどうしてるんだろう? それとも1クラスが25人くらいなんだろうか?
それより驚いたのが、昨年の現役国立大学合格者が23人!

ボクが卒業した専門学校は、今年の新入生が16人。
23年前にボクが入学した当時は100人以上。
たしか110人前後はいた。
そんなわけで、2年間一度もしゃべったことのない同級生がいたほど・・・。
1/6程度なんですね・・・・。
歯科技工士は25歳以下の離職率が約80%。そう考えると、将来3~4人しか残らないってことですよね?
by taskcare | 2011-04-23 10:07 | その他

4連休

b0130970_9571460.jpg


明日から、Good Friday→土曜日→日曜日→Easter Mondayって、4連休です。
ただし、Easter Mondayは、祝日じゃなくって「休んでも休まなくてもいい」っていう実に微妙な日なので、多くの会社はOPENしている。
つまり、会社次第なのである。

ボクも月曜か金曜のどっちかを休めるんだけど、明日に半日(3時間程度)働いて、月曜日にも半日(3時間程度)働こうと思っている。
月曜か金曜を丸1日休んじゃって3連休にしてもいいんだけど、予定も入っていないので両日とも朝から会社に行ってお昼前に帰ってきちゃったほうがイイのである。
連休にしちゃうと、どうせ10時~11時ぐらいまで寝ちゃうだろうから、その時間に働いたほうがイイからね。
by taskcare | 2011-04-22 10:05 | ビクトリア生活

三陸

b0130970_1562511.jpg


もう13年も前のことだけど(ちょうどワセトレに通っていたときの夏)、岩手県山田町にいる友人を訪ねたことがある。
青春18切符での旅行で、4日間くらい東北太平洋側(三陸)を旅した。
山田町の友人宅にも泊めていただき、獲れたてのホタテやイルカを腹いっぱい食べて、居酒屋とかスナックをハシゴして、一晩中酒を飲んだ。

iPadのマップ(Google Map)は、もうアップデイトされてて、航空写真は震災後のものになっている。
ボクが帰りに汽車に乗った陸中山田駅は津波に飲まれていたし、海沿いに走る山田線沿線の街はほとんどどこも被害にあっている・・・。茶色い地肌だけが見えている。

その友人とは、もうしばらくご無沙汰しちゃってて、いまでも山田にいるのか、どこか違うところで働いているのかは分からない。
インターネットで安否情報を調べているんだけど、名前が見付からない。
実家の電話番号は知っているから、連絡して安否を確認したんだけど、正直言って電話するのが怖い。
無事でいることを心から願っている。でも、話すことができたらどんなことを言ってあげたら良いのか・・・。
何を言っても気休めにしかならないのではないだろうか? どうなのだろう?
このまましばらくはそっとしておいた方が良いのか?

最近では「がんばれ」という言葉も被災者には言ってはいけないと言われている。
誰だって、悪意を含んで「がんばれ」なんて言わないと思う。
でも、それは逆の立場になってみないと分からないことなのだろう・・・・。

「がんばれ!」ではなくって「俺らにまかせろ!」なのかな?
by taskcare | 2011-04-18 15:37 | その他

寒さ

b0130970_18323645.jpg


ここ1~2週間ほど寒い日が続いています・・・。
4月になったのに霜が降りる朝もあるし、吐く息が真っ白になる日もある。
異常気象なんだろうか?
桜はパッと咲いて、もう散り始めたし、2日前に会社のちかくの道端に土筆(つくし)が顔を出してきた。
そう考えると、もう「春」なんだけど、やっぱり寒い。

今週の平日は、横山秀夫を3冊読んだ。

この作者の作品は面白い!

人物描写も行き過ぎておらず少な過ぎずでちょうど良く、実に生き生きとイメージの中で動き回る。
作者がもともと新聞記者だったこともあり、新聞社や警察の描写がすごく良いと思う。
そして、登場人物に「汗臭さ」があるんですよね(笑)
これが非常に大切!
そして、読んだ3冊とも終わり方が最高! 一気に読めます。
基本的にボクは集中力がないので長編小説は週に1~2冊しか読まないんだけど、横山文庫は4日で長編3冊完読。

特にお奨めは、作者の処女作でもある(ただし文庫本は文庫化のときに手を入れているが)、「ルパンの消息」。
by taskcare | 2011-04-16 18:45 | ビクトリア生活

映画と小説

b0130970_1883039.jpg


陽気なギャングが地球を回す(映画:2006年)

映画は小説を越えられないんだなぁ・・・・と、しみじみ思った。
伊坂ワールドは、けっこう好きなのでこの映画(↑)も楽しみにしてたんだけど・・・。
テレビJAPANで、夜中の12時半から放送だったけど、寝ないで待ってた。

なんでしょうか? これは?

小説の良い部分が全て欠如してる。
ましてや最後は全然違うし。
唯一小説と同じだったのはタイトルの「陽気」って部分だけ(甘く評価して)。
この小説はもう2年前に読んでるんだけど、展開の速さと面白さで、ボクとしては珍しく(ホントに珍しい)内容を覚えている。
まぁ、最近、続編も読んだからなのかもしれないが・・・。
そんなわけで、かなり気に入った小説だった(文庫本の表紙を見たら絶対買わない部類だけど)。

ビジュアルとイメージの差はこの際おいといたとしても、内容が酷すぎる。
監督と演出家は「かっこいい」と思ってるのかもしれないけど、伊坂ワールドのあの独特の雰囲気がまったく出ていない・・・。びっくりするくらい出ていない。
500ページを90分にするっていうのが、そもそも間違いだったような映画。テレビドラマ全12回だったら良かったのかも?
別に小説と同じにする必要があるとは言わないけど、内容的にもB級コメディー以下だよ・・・。無理にCGとか使っているところが痛い・・・。
せっかくイイ俳優を揃えてんのに、もったいない。

映画しか観ていない人は、ぜひ小説も読んでもらいたい。
ぜったいに嵌ります。
by taskcare | 2011-04-16 18:24 | その他

もどかしさ

b0130970_163338.jpg


海外在住者は、日本人としてやっぱり「もどかしさ」があると思う。
少なくとも、ボクはそう感じている。

この震災で、自分は安全なところにいる。
「がんばれ!」って言ったって、その後帰る家もあるし、余震におびえたり、寒さに凍えたり、腹をすかしたり、不便したり、放射能を怖がったり、節電したりしなくてもいい生活を送っている。
3月11日前とまったく同じ生活を送っている。

だから、いま同じ日本人として、被災地の人、日本に暮らす人に負い目にも似た「もどかしさ」を感じてしまう。
日本人として、同じ境遇を分かち合うことができないツラさ・・・、とでも言うのだろうか?
ツライ事だって、分かち合えないとツライものがある。

海外在住日本人の多くは、この震災後に義援金を集めたり、チャリティーをやったり・・・・、といま自分たちのできることをやっている。
ホントによくやっていると思う。
なかには、震災後3日目に海岸でロウソクをともして拝もう・・・、被災地に千羽鶴を送ろう・・・、などとトンチンカンなことをした日本人もいたが・・・。
今後、我々ができることは、「日本に暮らす人を思いながら、こちらで日本人として立派に生きること」なんじゃないかな? と思う。
by taskcare | 2011-04-14 16:16 | その他